フランキンセンス (Frankincence)

フランキンセンス

学名:Boswellia carteri
科名:カンラン科
抽出する部分:樹皮
主要成分:ピネン,ボルネオール,オリバノール
カンフェン

sponsors

イエス誕生の贈り物として献げられたとされるフランキンセンス(乳香)は、はるか古代よりその価値を尊重され、黄金に値するものとして取り引きされていました。古代エジプトでは化粧品や医薬品として使われ、又ミイラの防腐剤としても用いていたようです。

この木の薫香が呼吸を落ち着かせ瞑想に役立つことから、さまざまな古代文明の祭壇や寺院で焚かれました。香りはスッキリとしていて、樟脳のような、いかにも木から採取したというウッディーな香りがします。

心の面ではこんなはたらきがあります。

  • 感情を落ち着かせてくれます。
  • 過去の傷ついた心をなぐさめます。
  • 心をなごませ、幸福感をもたらします。
  • 産後のマタニティーブルーを回復させます。

体の面ではこんなはたらきがあります。

  • 鼻風邪を改善します。
  • 風邪や喘息、気管支炎などの症状を緩和させます。
  • 子宮や乳房の強壮と鎮静に役立ちます。
  • 消化不良や胃の不快感を和らげます。

美容の面ではこんなはたらきがあります。

  • しわのある老化した肌を若返らせるはたらきがあります。
  • たるんだ肌をひきしめます。
  • 皮脂の分泌を正常化します。

フランキンセンスは、妊娠中でも安心して有効的に使える精油のひとつです。

 アロマテラピーの楽しみ方
健康、美容、ダイエット、快眠から資格・就職、占星術まで。アロマテラピーの総合情報です。

sponsors
sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。