肥満と闘う”Beige Fat (ベージュ脂肪)”Cells!

0
162
ダイエット

大人になると比較的少なくなると言われているダイエットの味方-褐色脂肪-ですが、運動によってベージュ脂肪細胞が同様な働きをしてくれるようです。

米国ハーバード大学医学部ダナファーバー癌研究所(Harvard Medical School Dana-Farber Cancer Institute)のBruce M. Spiegelman教授が率いる研究チームは、成人した人の細胞より”beige fat”(ベージュ脂肪)と呼ばれる新しい脂肪細胞を分離しました。

“Beige fat”(ベージュ脂肪)細胞は、豆粒大に散乱した状態で鎖骨周辺や背骨に沿って存在しているカロリーを消費する脂肪で、白色脂肪のように貯蓄型の脂肪ではなく、いわゆるエネルギーを燃やすタイプです。肥満や糖尿病の新しい治療方法に繋がるかも知れない。(訳:tori3tori3)
ハーバード大学医学部ダナファーバー癌研究所
(Dana-Farber Cancer Institute July 2012)

肩関節を柔らかく保って、肩を下げ、肩胛骨をギュ~と背骨の方に息を吐きながら寄せてグリグリしています。背中の肉?脂肪を流そうとしていたのですが、肩こりも解消できる上、脂肪の移動も可能なのかもしれないと、いつまでも小まめにカラダを動かし続ける大切さが又一つ増えました。

関連記事

体脂肪燃焼のカギは、魚油(EPA & DHA)食で増加したベージュ細胞
小さなボールを使う 簡単! エクササイズ
体重と脂肪の減少!軍配はエアロビックエクササイズ(有酸素運動)
「私は太ってる!」と思うと肥満になる!?
痩せた後も肥満の劣等感は消えない
ブラックペッパーで肥満を抑制!?

sponsors