青ジソから老化・発がん・生活習慣病を防御する成分を新発見!

0
148

冷奴の薬味やお刺身のツマと一緒に彩り良く用いられている青ジソ。お料理の引き立て役、脇役としてのイメージが強いのですが、実はカルシウムやカロテンが多く含まれていて栄養価も高い食品です。ここに+の要素が新たに加わりました。

青ジソに酸化ストレス(カラダの中で活性酸素が過剰に生産されたり抗酸化能力が低下した時に起こる)抑制に有効な新成分DDC(2′,3′-dihydroxy-4′,6′-dimethoxychalcone)が含まれているのを京都大学薬学研究科久米利明准教授のグループが発見しました。

老化やメタボリックシンドローム、神経変性疾患など酸化ストレスが関わる疾患に対する新しい予防薬の開発につながるかもしれない」
(京都大学プレスリリース 2012/08/06)

香りモノが苦手な人に嫌われそうな食材の1つかも知れません。サプリメントとして凝縮してあれば必要量を簡単に摂取できます。早く製品化して欲しいと期待度◎です。それまではいろんな料理に今まで以上のボリュームで取り入れようと思います。

関連記事
紫蘇(蘇葉・蘇子)—ノビノビと気を巡らす—
基本のハーブ紹介ーシソー

sponsors