インフルエンザワクチンの効果UP!にクコ(枸杞)の実!

0
82
クコの実

そろそろ、インフルエンザの流行の兆しが見えてきました。まだ、学級閉鎖は聞きませんが、1月~2月がインフルエンザのピークとか。以前大変な目に遭ってからは、さっさとワクチン注射を受けることにしています。これから例年になく長いお正月休みがスタート。楽しく、愉快に暴飲暴食!?リラックスをしたいと思います。年と共に体力が落ちているのか、免疫力も少々下降気味。対処しながら気持ちを緩めようと、クコの実を沢山買って準備万端。クコ(Goji)チョコも外せません。

クコの実はインフルエンザの強い味方

米国のマサチューセッツ州タフツ大学(Tufts University)ジャン・マイヤー米国農務省人間加齢栄養学研究センター (Jean Mayer USDA Human Nutrition Research Center on Aging)の栄養免疫学Dayong Wu博士のグループは、「高齢者がインフルエンザのワクチンを接種しても、十分に感染を防ぐことはできません。ビタミン&ミネラル&カロテノイドなどが豊富に含まれているクコの実の成分のどれが作用しているのかはまだはっきりとわかっていませんが、クコの実を食べさせた高齢のマウスにワクチン注射をしたら、インフルエンザに感染しても、免疫力を増して抗体反応を強化することがわかりました。」とJournal of Nutrition(栄養学雑誌)に発表しました。(訳:tori3tori3)
(Journal of Nutrition 11 December 2013)

デザートの杏仁豆腐やマンゴプリン、中華粥などにチョコッと添えられているクコの実。あまり沢山使われているのを見たことがないので、高価な食材なのかな!?と思っていましたが、1Kgで約2000円ぐらいです。これなら、お手軽に摂取可!ワイン好きの私は、クコをたっぷりと入れたサングリアを作製。食前酒にピッタリです。程よい柔らかさになったクコはアイスクリームのトッピングに。飲める人も飲めない人も、仲良く分かち合います。脱インフルエンザ!もちろん、外出から戻ったら手洗いうがいは最低条件です。

(注1) ワルファリンとの併用で、その作用を強め、出血傾向が高まるとの報告があるので気をつけてください。
(注2) クコにはベタイン(月経促進&人工中絶薬としての作用がある)が含まれているので、妊娠中&授乳中の方は摂取を避けましょう。

wellba内記事
クコ(枸杞・枸杞子・枸杞葉)—精気を補益し陰道を強盛するなり—クコ茶は若返りに特に老眼によいといわれる

sponsors