サンフランシスコレポート—観光案内にはないサンフランシスコ—

日本を離れて英国ロンドンに暮らしているときに、現在の夫(アメリカ人)と知り合ってアメリカに行くはめになってしまいました。サンフランシスコに来たのが1994年。伝統的(古臭い?)な英国に比べ、アメリカは合理的・実用的な国(調子がよくて表面的?)。 カルチャーのギャップにしばらくはとまどいも。
今は、どちらの国も味が違って、またこれもいいかなって受け取るようにしています。
実家は島根県。緑に囲まれたのんびりとしたところです。おいしいお米の産地です。—Kyoko Takahashi

[人々]—サンフランシスコの個性豊かな人々

カストロ地区で素敵なカップルに遭遇。
借りる側の保護に重点を置いています。
ビジネスにバイクメッセンジャーが大活躍。
全米で三番目に多くのホームレスをかかえる市でもあるのです。
今年で32回目を迎えたパーティー。
「まあいいか」といったことはないのがサンフラシスカン気質。
ショッピングがとまらない。
同性愛者の結婚を認め、市庁舎で結婚式をはじめました。
セクシーな唇になるリップクリームが大人気。
人口の25%から30%が同性愛者、両性愛者、性転換者といわれています。
歯科分野での予防意識と医療がとても進んでいます。
アトキンズ式ダイエットが人気です。
来年が素晴らしい年になることを祈って。
子供達がカラフルな卵を探します。
プレゼントにプチ整形。
男女の行動のちがいは脳の構造。
美しくあるために、女性は時間と努力を決して惜しまない。
冬の雨はホームレスのひとたちに厳しいものです。
食材の良さが選択の基準として広まっています。
友達や身内の泊め方にも文化の違いがあります。
自立した生活をおくるシニアコミュニティ。
個人情報の公開にご注意。
結婚せずに同居するカップルが増えてきています。
最新のダイエット方は?
自由と寛容がチャンスを生み出します。
アメリカ式食生活は肥満の原因です。
スティーブ・ジョブズ氏の死で考えたこと。
スポンサーリンク

[ライフスタイル]—サンフランシスコの習慣とトレンド

来年こそ景気が回復しますように。
日本茶が定着しつつあります。
小さな庭のイミテーションが人気です。
喫煙者の肩身はどんどん狭くなっています。
体にいいお土産にいかが。
身体の部位を作り出すことが可能になるのでしょうか。
"Nutrition Facts"の表記が参考になります。
生椎茸はサラダの素材になります。
ヨガとピラテスの教室が人気です。
公立学校での高カロリー飲料の販売が中止になりました。
サワードー・パンはサンフランシスコ生まれなのです。
刺青はお洒落なアイコン。
記録的な寒波で柑橘類が被害を受けました。
紙袋はpaper、ポリ袋はplasticといいます。
市人口の約2割が中国人です。
スーパーのばら売りセクションが充実しています。
音楽はセラピーに応用されています。
増えた体重を戻すのが大変です。
ブレインフィットネスが注目です。
トランス脂肪不使用店に認定ステッカーが発行されます。
ガソリン価格の急騰が市民の台所を直撃しています。
バケーションの季節です。
軍隊の基礎訓練が人気です。
夜の騒音は不眠、ストレスの元ですね。
今年のキーワードは「グリーン」。
新型インフルエンザ対策のために。
ハーブは食事のアクセントになりますね。
市内では古い日本車が多く走っています。
高校生もしっかり大学を選びます。
市有地を活用した農作がすすんでいます。
サプリメントと食事の組み合わせに注意!
「仲人」という役割の人はいません。
恋愛の効果が科学的に実証されました。
スーパーボウル観戦の必需品。
強い抗酸化作用を持ちおいしいアーティチョークは大人気。
野菜、フルーツが不足しがちな食習慣です。
シャワーだけの人が断然多いようです。
流行は繰り返す。
こちらではミカンです。
スポンサーリンク

[イベント]—サンフランシスコの制度、行事、出来事

恒例のサンフランシスコ横断レースです。
サンフランシスコの夏は意外に寒いのです。
ワインのグラスを片手に楽しい昼下がり。
Fleet Weekでエア・ショーがありました。
3月17日。この日、緑色の何かを身につけます。
ヤキトリの屋台など出て盛り上がります。
サンフランシスコ湾には驚くほどの強風が流れています。
なんと言っても花火が名物です。
魔の坂フィルモア・ストリートで脱落者続出。
サンフランシスコ人は、あまり支持していないようです。
こちらでは男性が女性にプレゼントをする日です。
同時多発テロから3年になります。
凶悪犯罪はジャンクフードのせい?
ギアリー・シアターで恒例の上演が始まった。
「キレる」子供への対応は。
カリフォルニア州では地震が続いています。
ルーカスのオフィスが移転してしてきました。
温暖化速度のスローダウン対策です。
まぐろの水銀含有量が問題になっています。
ウエストナイル・ウイルスの警告が出されました。
米国ではじめて病欠有給休暇の法律を定めました。
実験の影響が長く残っています。
医療保険未加入者のための新しいプランがスタートします。
かぼちゃを食べる人が増えてきています。
予定を大きく変更して実施されました。
鯨がサンフランシスコ湾に迷い込みました。
「自転車通勤の日」も15年目になりました。
交通違反の支払いを労働でするProject。
地球にやさしいプログラムが発表されました。
子供の肥満対策が進んでいます。
スポンサーリンク

[スポット]—観光案内にはないサンフランシスコ

坂でのカーチェイスの見せ場がいっぱいです。
SFGのホームグラウンド。今年のミスター・シンジョーの活躍は。
ホリディシーズンの開幕です。
味も鮮度も抜群です。
"フォレスト・ガンプ"にも登場しました。
地下をはうケーブルが動かしています。
一日中、のんびりと時間を過ごせます。
市民の憩いの場所です。
若い女性の汗からロマンス促進剤が?
雨への対処は不慣れなのです。
日本食のお弁当が人気です。
実は自殺の名所でもあるのです。
自転車で街を回るのは最高です。
郊外に出ると太ってしまう?
医療専用のマリファナの調剤薬局があります。
全米一のwalkableな都市です。
違いを理解する機会になれば。
プレシディオパークに眺めのよい1,000段の階段の小道ができました。
全米一のハッピーな街。
アーティストの作品で街の再活性を。
カリフォルニアでは一部の街を除いて、個人で花火はできません。
一年を通して気温の変化が少ない地域です。
市内へ供給される水はおいしい水です。
安全な暮らしには日頃の訓練が必要です。
1912年スタートの公共交通機関MUNI。
映画でお馴染みの刑務所の島。
 
 

サンフランシスコの面白看板


サンフランシスコ市内・近郊で見かけた面白い!不思議な?看板・標識です。実際に現地を取材、撮影しました。
google mapを付けましたので付近を探索してみて下さい。

Caution! San Francisco

(English)