sponsors
ポプリ

肌への使用はやめて下さい

何と言っても高価なエッセンシャルオイル。あんな小さなビンなのに、マルが一つ多いのでは?と言いたくなるようなお値段です。それで貧乏臭くチビチビ使っていたら「あらあら!使用期限が過ぎちゃった」なんてことに。その上、貧乏性ゆえに捨てるに捨てられない・・・。そこで今回は「期限が過ぎたエッセンシャルオイルを何とか使ってしまいましょう」特集です。

購入したエッセンシャルオイルが、好みの香りではなかった時にも役立ちます。通常言われているエッセンシャルオイルの使用期限は、柑橘やミント系は半年、その他は1年位で長くても2年以内が目安です。
但し、購入する前の状態(お店の管理状態や製造日からの期間)や、ご自分の管理状態によって予定よりも早く劣化する場合もあります。香りが変質したと感じたらマッサージなど肌への使用はやめて下さい。香りが「悪臭」と感じる程変質していたり嫌いな香りの場合は、やはり捨てるしかないでしょう。

ルームスプレー(ルームスプレーを作って臭い消しや拭き掃除に)

100mlの水をスプレー容器に入れ、精油を10滴(最高20滴位まで)落とし、使う度によくシェイクして 使用します。分量のうち、ウォッカやエタノールなどのアルコール類やお酢を10~20%の割合で加えると、消臭、殺菌効果が高まります。お掃除後やごみ箱、カーペット、排水口、トイレ使用後のエチケット、玄関、車の中など、いやな臭いを消したい時に役立ちます。また窓や床などあらゆる拭き掃除や外出先のトイレの便座などを拭くと汚れ落ちもよく、梅雨時期はカビ予防にもなります(ペンキやワックスなど塗装してある物には 使わない方がよいでしょう)。
ユーカリプタスペパーミントレモングラスラベンダーなどを使うと虫避け効果が期待できます。オレンジレモンなどの柑橘系の物は汚れ落ちがいいです。

クリーナー(キッチンの床やレンジ回りに)

無香料の液体石けんを水で薄めて、精油で香り付けをします。薄めてあるので後から拭き取る必要はありませんし、石けん水なので(注意:一般に売られている物は合成洗剤が多く、あまりおすすめしま せん)。お子様やペットがいる家でも安心です。液体石けん分が10~20%になるように水で薄めて容器に入れ、精油を10滴(最高20滴位まで)を混ぜ合わせます。ティッシュに数滴たらしてティッシュを折りたたみ、精油を2、3滴たらします。お掃除をはじめる前に掃除機に吸い込ませておくと、掃除機独特のいやな臭いを消し、香りがお部屋に漂います。タンスや戸棚に入れておくと防虫効果とほんのり香り付きます。(濃い色の精油は衣類にシミを付けるので注意)
ごみ箱の底にほうり込んでおきますと、ゴミの悪臭をマスキングしてくれます。帰宅後の靴の中に入れておくのもよいです。消臭、殺菌効果があります。

直接香り付け

洗濯の仕上げすすぎの時に、精油を数滴落とします。ほんのりした香り付けになり、タンスにしまい込んだ時には防虫の効果もあります。ポプリ、ドライフラワー、シューキーパー、サシェなど直接肌に触れない物の香り付けに。掃除機の紙パックに数滴落とします。短冊に切った紙(しおり)に精油を1滴しみこませ、少し乾かしてから本の間にはさみます(すぐにはさむとシミの原因に)。本につく虫から守ってくれます。

sponsors